ニュース一覧

2017年

2017/11/23
毎日新聞記者さんによる密着取材が連載記事として掲載されました!
第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト3日間の開催期間中、毎日新聞の立野記者がずっと密着取材をしてくれていましたが、その記事が3回に渡る連載記事として掲載されました。
WEB記事も是非ご覧ください。

イノベーティブ都市・鯖江
/上 地域活性化プラコンチームに密着 全国の学生、アイデア競う
https://mainichi.jp/articles/20171121/ddl/k18/010/254000c




/中 市活性化、明け方まで議論 「なぜ音楽」哲学の言葉まで引用
https://mainichi.jp/articles/20171122/ddl/k18/010/227000c




/下 プラコン通じ街のファンに 「本気の取り組み」地方都市の希望
https://mainichi.jp/articles/20171123/ddl/k18/010/328000c







2017/11/11
10周年記念イベント開催しました!
2017年11月11日に、鯖江市地域活性化プランコンテスト10周年を記念して「10周年記念イベント」を鯖江市嚮陽会館で開催しました。
全国から、過去参加者、学生団体withOBOG等 100人が集い、久しぶりの鯖江ファミリーの再会を楽しみました。

学生団体withのブログ
「10周年記念記念イベント!!」
https://ameblo.jp/gakuren/entry-12330067681.html

実行委員会事務局 NPO法人エル・コミュニティ竹部のブログ
「鯖江市地域活性化プランコンテスト10周年記念イベントを終えて」


2017/09/25
福井新聞「論説」に掲載:若者とまちを変えた10年
福井新聞の論説にて紹介されました。
「若者とまちを変えた10年」
素敵なお言葉をいただきました。


2017/09/19
10周年を記念したクラウドファンディング(マクアケ)開始!




鯖江市地域活性化プランコンテスト10周年を記念して「梵」スペシャル酒を限定販売!
※2017年11月8日追記
目標金額の約200%の達成率で達成いたしました。
お買い上げいただいた皆様ありがとうございます。


2017/09/13
第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト終了いたしました(結果)
2日目の様子:福井新聞(2017年9月10日)



3日目:結果 福井新聞(2017年9月13日)



3日目:結果 日刊県民福井(2017年9月13日)



◆最優秀賞
鯖江のメガネ工場の作業音を使ったテクノ音楽を使い、やんしき踊りを復興しようというプランを提案したハッシュドビーフ(東大、東大、新潟)

◆優秀賞
メイクやインスタを活用してメガネはオシャレなものであることを広め、売り出していこうという「鯖江のメガネを、女性にもっと」を提案したチームロコモコ(東大、同志社、早稲田)

◆優秀賞
赤いメガネ、赤い楽器を身に付けながら吹奏楽を行うことで、鯖江の吹奏楽を世界にひとつだけのブラスバンドに!を提案したチームシフォンケーキ(京都府立医科大学、慶応、東大)

◆オーディエンス賞
チームハッシュドビーフ

最優秀賞チームへのインタビュー記事

福井新聞オンライン
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/238608




2017/08/24
第10回審査員

第10回の審査員の方々をご紹介します。

【決勝審査員】

鯖江市 市長 牧野百男様

鯖江商工会議所 会頭 黒田一郎様

福井信用金庫 会長 蓑輪進一様

ForbesJAPAN副編集長 藤吉雅春様

株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野泰介様


【予選審査員】

鯖江市役所 斉藤幸治様

日本政策投資銀行 斉藤成人様

株式会社クラウドワークス 取締役副社長 成田修造様

株式会社KISSO 代表取締役社長 吉川精一様

久保田酒店 久保田桐子様


9月11日の決戦プレゼンテーション観覧についての詳細は下記になります。

https://www.facebook.com/events/254187901756143/



2017/08/16
24名の市長決定
第10回も選考を通過した全国の精鋭達24名が鯖江に集結。具現化を視野に入れた鯖江の活性化策を考案します。
◇第10回参加学生大学別一覧◇(計24名)

東京大学      9名
慶應義塾大学    7名
同志社大学     2名
京都大学      1名
東北大学      1名
新潟大学      1名
早稲田大学     1名
京都府立医科大学  1名
宮崎大学         1名


2017/08/07
過去プラン検索アプリ更新!
株式会社jig.jp 福野さんが作成したアプリ「過去プラン検索アプリ」。
第9回の具現化検討結果もオープンデータ化し追加更新しました。
※第3回~第9回の全提案プランをまとめたものと、行政による具現化検討結果が見れます。

http://fukuno.jig.jp/2014/sabaepcsrch
2017/08/06
エントリーを締切りました。(第10回)
たくさんのご応募ありがとうございました。
書類選考、面接選考を行い、8月15日(火)に選考結果をエントリー者にお知らせします。
2017/07/19
牧野市長表敬訪問
鯖江市 牧野市長に表敬訪問してきました。



第10回も宜しくお願いいたします!



2017/07/11
福井新聞に掲載!
第10回のエントリー募集記事が福井新聞に掲載されました。




2017/04/27
第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト実行委員会を発足
1回目の実行委員会を開催。
実行委員長;伊東実沙都
 副委員長:八田健太郎
 副委員長:小林礼奈
 副委員長:秋山茄穂


2017/04/25
Forbes6月号に掲載されました!
世界の経済誌ForbesJAPAN 6月号 ローカルイノベータ―88人に、鯖江市地域活性化プランコンテストの発起人竹部美樹が選ばれました。
東海北陸で一番票を集め大きく掲載されています。

ForbesJAPAN WEB:インテルもヤフーも、なぜ企業は「鯖江市」を応援するのか?






2017/02/27
第9回で提案されたプランの具現化検討結果公開
提案された8チーム8プラン全てのプランを鯖江市役所内で具現化に向けて検討し、その結果が公開されました。

https://www.city.sabae.fukui.jp/about_city/gakuseirenkei/gakusei-renkei.files/3-gakusei-sabae-kontesuto-h28.pdf



2017/01/22
第4回おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト開催
1月21日、22日に第4回鯖江市地域活性化プランコンテストを開催しました。
2017/01/05
OpenGovLabに掲載!
OpenGovLabというサイトで、オープンガバメント実践紹介として掲載されました。

よそ者・若者・バカ者と地域の人で共に創る「鯖江モデル」
~若者の地域活動への参加促進~

http://openlabs.go.jp/open_gov_practice/3191/